スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両親へ“宇宙からの手紙” 山崎さん「ありがとう」(産経新聞)

 宇宙で約2週間を過ごした山崎直子さん(39)らが乗った米スペースシャトル「ディスカバリー」が17日夜、19日の帰還に向けて国際宇宙ステーション(ISS)から離れた。活躍を静かに見つめてきた両親の手元には、山崎さんが感謝の気持ちを込めた“宇宙からの手紙”がある。「いつも見守ってくれてありがとう」。長年の夢をかなえた娘と両親は、笑顔の再会を心待ちにしている。

 山崎さんの両親、角野明人(すみの・あきと)さん(73)と喜美江さん(67)は5日、打ち上げの様子を現地で見ていた。打ち上げの約9分後、機体が無事に宇宙空間へ達したときだった。

 「直子さんから、これを預かっています」。家族の支援担当だった宇宙飛行士の向井千秋さん(57)が手紙を差し出した。花模様が描かれたメッセージカードには、素直な気持ちが直筆で記されていた。

 《このカードが届くころには、宇宙に到達していると思います。今までいつも見守ってくれて、どうもありがとう。また宇宙から戻ったあとに、ゆっくり会えることを楽しみにしています。二週間、行ってきます。お父さん、お母さん、みんなのことをいつも想っています。直子より》

 元自衛官の明人さんは「寡黙だが、物事の善しあしをはっきり言う人」(知人)。山崎さんが大学院時代に米国留学の希望を打ち明けたとき、最初は反対したが、本人の強い意志を確かめて1年後に送り出した。予想もしなかった手紙に「今まで陰になって支えてきたが、娘の心にちゃんと通じていた」と、胸が熱くなった。

 喜美江さんも「打ち上げ前の忙しいときに、配慮して書いてくれたのでしょう。直子らしいなあと、本当に感激した」と話す。

 手紙にはもう1枚、カードが同封されていた。11年前、宇宙飛行士候補に選ばれたときの上司で、公私にわたり山崎さんを支えてきた寺門邦次さん(67)へのメッセージだった。

 「ここまでこれたことに、本当に感謝申し上げます。宇宙でいい仕事をしてきます」。寺門さんは「訓練と子育ての両立などで、日本の飛行士の中で一番苦労してきた。このカードは宝物です」と話す。

 山崎さんは宇宙に、明人さんのネクタイピンと喜美江さんの指輪を持参した。地球に戻ったら、夢をかなえた証として、見守ってくれた両親に届けるつもりだ。(長内洋介)

【関連記事】
シャトル退役 問われる日本の役割
コンテナ回収作業を再開 山崎さん19日帰還へ
コンテナ回収作業でトラブル 山崎さん帰還延期も 
山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲
山崎さん、着物姿ですし振舞う 野口さんも手伝う

仙谷と前原がポスト鳩山で意見交換? ベトナムで接触(産経新聞)
新たなヒト幹細胞開発=神経、筋肉、肝臓に変化-安全な再生医療期待・東北大と京大(時事通信)
<中国地震>氷点下の被災地 広がる喪失感 「孫はもう…」(毎日新聞)
噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)
<ホームオブハート>慰謝料上乗せ 原告側と和解(毎日新聞)
スポンサーサイト

<サマランチ前会長>死去89歳 IOCで五輪の商業化推進(毎日新聞)

 1980年から21年間、国際オリンピック委員会(IOC)会長を務め、五輪の商業化やプロ選手の参加などを推し進めたフアン・アントニオ・サマランチ前会長が21日、心臓疾患のため、スペイン・バルセロナ市内の病院で死去した。89歳だった。

 バルセロナ出身。金融など実業家として地位を高め、フランコ独裁政権のもとでスポーツ官僚として活躍。駐モンゴル、駐ソ連大使なども務めた。66年からIOC委員となり、理事、副会長を経て、80年7月のIOC総会で第7代会長に当選した。

 就任後、最初の夏季大会となった84年ロサンゼルス五輪では大会組織委員会が世界的なスポンサー制度を導入し、財政難からの脱却に成功。これをきっかけに五輪の商業化を進めた。また、「五輪は最も優れた選手が競う場」と主張し、92年バルセロナ五輪ではプロ選手の参加を全競技に拡大した。

 しかし、五輪が巨額の利益を生むイベントとなったことで弊害も生まれた。98年長野、02年ソルトレークシティー五輪の招致をめぐっては、IOC委員にわいろが渡された疑惑が浮上。99年のIOC総会では6人の委員が除名され、自身も信任投票を受けた。

 01年に会長職を退き、終身名誉会長に就任。16年夏季五輪の開催地を決めた昨年10月のIOC総会には、立候補していたマドリード(スペイン)の応援演説に立ち、得票につなげる影響力を見せた。【百留康隆】

民主・小沢幹事長「1人区で15勝以上目標」(読売新聞)
東京駅に爆弾! テロ訓練=APEC控え駅員ら真剣-警視庁(時事通信)
<「衆参同日選」論>「消費増税」「普天間」打開へ、リセットの誘惑(毎日新聞)
奈良公園“矢ジカ”殺し、三重の39歳男逮捕 別のシカも狙う?(産経新聞)
所管法人の「お手盛り」融資、法務省が調査(読売新聞)

春の高山祭 小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)

 岐阜県高山市に春を告げる日枝神社例大祭「春の高山祭」が14日、開幕した。低気圧の影響で、朝から小雪の舞う天気となったが、飛騨の匠(たくみ)が技を競った豪華絢爛(けんらん)な祭り屋台(国の重要有形民俗文化財)12台が登場。きらびやかな刺しゅうや金具を輝かせながら古い町並みを進む様子に、観光客から「おおー」と感嘆の声があがった。

【写真特集】日本の祭り

 屋台蔵から1年ぶりに曳(ひ)き出された屋台は、法被姿の男衆の掛け声に合わせてギシギシと車輪をきしませ、屋台8台が日枝神社参道に、また、からくり奉納をする三番叟(さんばそう)や神楽台など4台が御旅所(おたびしょ)前に曳きそろえられた。午前11時からはからくり奉納もあり、屋台の周りは身動きできないほどの人垣ができた。15日まで。【宮田正和】

【関連ニュース】
【写真特集】御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕
春の高山祭:御巡幸の衣装など新調 /岐阜
コイ放流:高山祭控え、宮川に 守る会などが450匹 /岐阜
飛騨牛しぐれ寿司~高山線・高山駅(岐阜県)

<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)
<野口聡一飛行士>「宇宙戦艦ヤマト」シャツで古代進気分?(毎日新聞)
「減税こそが政治の役割」河村市長が熱弁(読売新聞)
日本介護福祉士会、石橋会長の3選が内定(医療介護CBニュース)
北日本や北陸、15日にかけて大荒れの天気(読売新聞)

首相「官僚の頑張りに感謝」初任研修で訓示(読売新聞)

 鳩山首相は7日午前、東京・代々木神園町の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた国家公務員合同初任研修の開講式で、各府省の幹部候補生となる新人職員約690人に訓示した。

 首相は「政権が代わって、官僚バッシングのような思いを感じているかもしれないが、違う。官僚が国家、国民のために一生懸命頑張ってきたことに感謝している。励まし合いながら協力して行こう」と述べた。

 また、大蔵事務次官から政界に転出し、外相を務めた父親の威一郎氏について触れ、「政治家がしっかりとこの国のビジョンを示し、公務員が自分たちの役割を見いだして、一丸となって国民のために尽くすことで、世界にも尊敬される日本に変わっていく」と語った。

【風を読む】論説委員・松村雅之 理解しがたい異例会見(産経新聞)
走行中の後席、7歳男児が窓に首挟まれ意識不明(読売新聞)
<与謝野元財務相>平沼元経産相らと10日に新党旗揚げへ(毎日新聞)
取り調べ全面録画訴え=再審無罪の菅家さんら-リクルート事件江副氏も・日弁連集会(時事通信)
<訃報>日比野元治さん82歳=元戸田建設専務(毎日新聞)

信号見落とし電車21m逆走 大阪市営地下鉄、公表せず (産経新聞)

 大阪市営地下鉄谷町線で昨年9月、始発駅の大日駅(大阪府守口市)を出発した電車が、車止めに向かって21メートル逆走していたことが3日、分かった。運転士が進行方向を勘違いして反対の運転室に乗り込んだのが原因で、出発直後に自動列車制御装置(ATC)のブレーキが作動し停車した。交通局は「衝突の恐れはまったくなかったので公表しなかった」としている。

 交通局によると昨年9月3日午前7時25分ごろ、運転士と車掌が進行方向を間違えて大日発八尾南行き電車の運転室に乗り込み出発。線路脇の信号は赤だったが運転士は見落としていた。運転士と車掌は「乗務の交代が予定より遅れ慌てていた」と説明したという。

 大阪市営地下鉄では先月15日、長堀鶴見緑地線でATCを解除した電車がポイントを損傷し、脱線や衝突につながりかねないトラブルが発生。同29日には谷町線で保守用作業車が誤って電気ケーブルを切断し、約15万人に影響するなど人為的ミスが相次いでいる。

【関連記事】
東急目黒線、扉開けずに発車 運転士が忘れる
風で制帽飛び電車乗れず JR西車掌、タクシーで追いかけ14分遅れ
遮断棒折れ3.6万人影響 大阪のJR阪和線
緊急列車停止装置を外して列車を運行、JR西日本
線路で空き缶拾い JR関西線遅れで4万人に影響 大阪

<NOVA>猿橋元社長の特別背任は不起訴 大阪地検(毎日新聞)
<企業献金>海洋土木業者がパーティー偽装し資金集めか(毎日新聞)
【視点】長官銃撃の捜査結果 まずは捜査「完敗」の検証(産経新聞)
郵政ドタバタ「限度額見直せる」で仙谷氏軟化(読売新聞)
<自民>園田氏の後任に河野氏(毎日新聞)

協力しないなら「内閣去れ」=市町村への権限移譲で-原口総務相(時事通信)

 原口一博総務相は1日の政務三役会議で、各省庁が都道府県から市町村への権限移譲に抵抗しているとして、「これは鳩山内閣の『一丁目一番地』だから、協力しない人は内閣から去ってもらう」と強調した。
 政府の地域主権戦略会議は先月31日、法令により都道府県に権限がある384事務のうち、各省庁が市町村への移譲を認めると回答したのは26%に当たる99事務にとどまったと明らかにした。同相は「これは各省と交渉しているわけではない。地域主権戦略会議が決定権を持っている」と述べ、強い姿勢で臨む考えを示した。 

【関連ニュース】
NTT再編論議が本格化=光回線敷設会社の分離案も
日本郵便、営業赤字163億円=宅配便子会社の清算で-10年度計画
議論熟さず、急転直下の決着=肥大化に残る疑問点
10府省会見で質問可能=フリー記者への開放状況
郵貯限度額は2000万円=鳩山首相、連立維持へ「亀井案」了承

民主、正副幹事長会議 「小沢-生方」直接対決空振り(産経新聞)
駅トイレに侵入し、女性襲う 容疑で少年を逮捕(産経新聞)
「口うるさい上司」社内で金づちで殴る(読売新聞)
【選抜高校野球】帝京 快音なし4強逃す(産経新聞)
大イチョウ芽吹く、残った根元から…鶴岡八幡宮(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。